白いベレー帽、宝物だったのに……。

次女が、年令貰いものに白いベレー帽をくれました。

(それをメール便で、茶封筒に入れて送ってくれた彼氏にも、まさか驚嘆けど。笑)

かぶってみると、ちょっと芸術家になったような気がして、嬉しい。

周りのコネクションたちには、「コミック住宅氏類」と言われました。
あはは、そういえば私、前コミック住宅需要だったんだっけ^^;
……って、ちょこっと苦々しいような内面もありましたが。
そのベレー帽は、すっかり自分のお宝になりました。

ある日、その帽子をかぶって、
コネクションの運営している、乳幼児の居所に行きました。
学童保育ものの所で、ゼミナール帰りの小学校や、中学校が集まっていて、
たま~に私も有志で行っているので。

なので、バイタリティーのいい小学生1年生のギャルたちから、つけられた俗称が……
「肉まんくん」。

いいえ、本当は私、うっすらあんな気もしていたんだけど、
(そうして、気づかないふりを通していたんだけど……笑)
白いベレー帽って、肉まんに似ているんだ!

何より、ダブるとまさか、ひだひだのシワができる店舗とか。
そのへんが、「あんまん」じゃなくて、「肉まん」くさい導因。

低いお子さんって、よく見ていますねえ^^;

子どもたちという仲良くなれたのはいいけれど、
最後には「肉まん!」といった呼び捨てまでされてしまった。
まさか……。

その日から、白いベレー帽をかぶったそれぞれを鏡で見分けるたびに、
すでに必ず、頭に肉まんを載せているようにしか見えなくなってしまって、
からきしかぶらなくなってしまったのは、隠密だ。

ごめんなさいよ、次女。iphone6に乗り換える方法を紹介

カテゴリー: 未分類 | コメントする